病気名などから調べる


調べて学べる6つのコンテンツ

  • 病気を調べる
  • 薬を調べる
  • 病院を検索
  • 医療の悩み相談事例
  • 検査について学ぶ

お役立てコンテンツ

Woman's Medical My Style

Woman's Medical My Style
女性の方に、お勧めの情報コンテンツを掲載

女性特有の病気 / 女性ホルモンの働き /
女性の体にやさしいレシピ

コラム

コラム
健康に関する様々な
コラムをお楽しみ下さい!

健康に関する情報をテーマとしたコラム /
女性に関する情報をテーマとしたコラム

先天性水頭症
監修:昭和大学 藤が丘病院 脳神経外科  鈴木 龍太
広い意味での水頭症は脳室の拡大だけではなくて、頭蓋内の髄液腔の拡大という意味ですがこの項では脳室の拡大という意味で水頭症という言葉を使います。先天性の水頭症は出生1000人に2人程度発生します。
静止画像解説

どんな病気
img01.jpg
水頭症とは

脳は脳脊髄液(髄液)の中に浮いていて、脳の中には脳室という髄液がたまっている部分があります。髄液は脳室で作られ脳の周りを循環し、静脈へ吸収されます。水頭症とは髄液の流れが悪くなるために脳室が拡大したものを言います。広い意味での水頭症は脳室の拡大だけではなくて、頭蓋内の髄液腔の拡大という意味ですがこの項では脳室の拡大という意味で水頭症という言葉を使います。先天性の水頭症は出生1000人に2人程度発生します。髄液の通り道の中脳水道が閉鎖していたり、背中に瘤がある脊髄髄膜瘤に合併したりします。また染色体の異常などでも起こります。水頭症には先天的なものばかりでなく外傷や脳出血、脳腫瘍などの病気で起こるものがあります。この場合髄液の逃げ場がなくなるので脳の圧が高くなり、激しい頭痛、嘔吐、意識障害が起こります。早急な処置が必要です。

成人の水頭症で原因が特定できず、脳圧も高くない正常圧水頭症という病態があります。正常圧水頭症の人は認知症を呈します。脳神経外科でシャント手術をすると認知症も改善することがあるので、治療可能な認知症として注目されています。

img02.jpg
どんな病気

わが国で先天的に水頭症で生まれる率は10000人に2−8人程度です。先天性水頭症で生まれた子供は頭蓋骨がまだ癒合していないので脳圧が高くなるにつれ頭囲が大きくなります。先天性水頭症の原因は中脳水道閉塞症や脊髄髄膜瘤に合併したもの、染色体異常などがあります。胎児期に超音波やMRIで診断できる場合があります。単純な中脳水道閉塞症や脊髄髄膜瘤では適切な治療を行えれば2/3程度の例で正常な脳の成長が期待できます。先天性の水頭症でも成人になって始めて水頭症が発見されることもあります。中脳水道閉塞やキアリ奇形という病気です。キアリ奇形は延髄が頭蓋骨と首をつなぐ穴(大後頭孔)に落ちこんで髄液の流れを閉塞して水頭症になりますが、同時に脊髄内にも髄液が貯まる脊髄空洞症(脊髄の水頭症のようなもの)も合併します。



img03.jpg
どんな症状
先天性水頭症で生まれた子供は頭蓋骨がまだ癒合していないので脳圧が高くなるにつれ頭囲が大きくなります。また大泉門(子供の頭部外傷の項参照)が張って膨れているように見えます。予後に関しては他の合併奇形にもより様々です。単純な水頭症では早期に治療を行えば2/3の症例では知能も正常に育ちます。成人で発症する先天性水頭症はゆっくり進行しますから激しい頭痛や嘔吐などの急性の症状はありません。また発育にも異常が無いことが殆どです。しつこい頭痛やめまい感、失神、睡眠時無呼吸などの症状で発症します。キアリ奇形では脊髄空洞症と言い脊髄の水頭症になることがあります。この場合は手の温度や痛みを感じなくなったり、手の筋肉が痩せたりする症状がでます。

どんな検査
妊婦の超音波診断で胎児水頭症の診断がつくことがありますが、確実に診断できるのは妊娠22週を過ぎてからです。疑わしい場合は妊娠中にも検査可能なMRIが有用です。出生後は頭囲の拡大や大泉門の緊張、他の合併奇形から診断します。単純頭部レントゲン検査では骨と骨をつなぐ縫合線が開いているのが分かります。CT、MRIもできますが、乳児は大泉門が開いていますので、そこから超音波を当てると容易に診断できます。経過をみるのに役に立ちます。
脊髄髄膜瘤を合併する例やキアリ奇形では脊髄のMRIが必要です。

img04.jpg
どんな治療
水頭症に対しては脳室に管を刺して、髄液を脳室からお腹へ流すシャント手術を行います。シリコンでできた管で、一生入れておいても大丈夫ですが、成長と共に長さが足りなくなり、お腹の管を長くする手術を行ったりします。また髄液が流れすぎても問題が起こります。最近では流れる圧を身体の外から変えられるシャントシステムが多く用いられます。シャント手術は必要なものですが、感染しやすく、また頻回に手術が必要になります。最近では生後6ヶ月を過ぎていれば神経内視鏡を使って脳室に穴を開け、くも膜下腔と交通させる第3脳室穿破術を行う場合もあります。この方法ですと管を体内に入れておく必要がなく、1−2回の手術で済みますし、髄液の流れが自然です。でもこの手術ができる場合とできない場合があり、適応が限られます。
1980年代に胎児診断された水頭症に対して出生前手術が試みられましたが結果が良くなく、今は行われません。

成人のキアリ奇形は後頭蓋か減圧術という手術を行います。頭蓋骨の後ろの骨を空けて隙間を作り、髄液の流れをよくしてあげると脊髄空洞症が改善します。この場合も水頭症に対してはシャント手術を行う場合があります。

どんな予防法

予防は難しいですが、妊娠中に異常が指摘された場合に産婦人科医師とよく相談してください。